ビフィーナS人気の秘密は生存率90%のビフィズス菌で確実に生きて腸まで届く

 

 

ビフィーナSは簡単に言えば、生きたビフィズス菌を腸に送ることによって腸内環境を良好にし、
便通を改善する機能を持つ機能性表示食品です。機能性表示食品とはお腹を整える、
脂肪の吸収をおだやかにするなどの商品の機能性を分かりやすく表示することで、
正しい情報を得て選択できるように平成27年4月に新しく表示できるようになった制度です。

安全性の確保を前提とし、科学的根拠に基づいた機能性が、事業者の責任において表示されます。
私たちの腸の中にはたくさんの種類の細菌が棲みついていて、
その種類は約1000類になるとも言われています。
その中でもビフィズス菌は、わたしたちに有益な効果をもたらす菌の主役のような存在です。
そのビフィズス菌も約30種類に分類することができます。腸内環境を良好にしてくれるビフィズス菌ですが、
それは年齢によって減少してしまう菌です。生まれた時には腸内細菌の99%以上を占めますが、
大人になると約10%に減ってしまい、その後も減っていく菌です。

年齢以外にも、欧米食などによる食生活の乱れ、慢性的な運動不足、
過度にストレスをため込むことによっても減少します。
減少するということは、腸内の良好なバランスが崩れてしまいます。

ビフィズス菌がどのようにして便通を改善しているかと言うと、
ビフィズス菌を摂ることで腸内のビフィズス菌を増加し、
良好にすることで排便回数が増え、改善していくというわけです。
ビフィズス菌と言えばヨーグルトにも摂ることができますが、
胃の中は強い酸性で、ほとんどは死滅してしまいます。
そこで、ビフィーナの製品化にあたり、ビフィズス菌を胃酸によって死滅することなく
、腸まで届けることができるカプセルを開発しました。
強い胃酸の中では生存率が0.00007%でしたが、
このカプセルを使うことによって約90%生き延びているが確認されました。

女性は特に便秘に悩んでいる方が多いと思います。
マッサージしたり、食事に気を付けてもダメな方はもしかしたら便秘薬に頼っていつかもしれません。
便秘薬は効果が強い分、腸内に大きな負担をかけている部分もあります。
しかも連続的な使用は体に良くありません。まず体の中から改善するを考えてみましょう。

今回紹介した他にもビフィズス菌25億個入っているビフィーナR、
ビフィズス菌100億個入っているビフィーナEX、
ビフィズス菌50億個入っているビフィーナSのPearlなどがあります。